ブログ

歯の萌出時期                     茅ヶ崎 歯科

茅ヶ崎東海岸の歯医者

タニモト歯科クリニック院長の谷本です。

 

小さなお子様をお持ちのお母様から聞かれる質問に

周りの子はもう大人の歯が生えているのに

うちの子はまだ生えてこないんです というものがあります。

 

ほとんどの子が、下顎の前歯から生え変わりが始まりますので

おおよそ6歳ぐらいの時期になるのですが

これが実に個人差が大きいのです。

 

5歳で始まる子もいれば、7歳でもまだ一本も抜けていない子も。

ただどちらが良いというものでもなく、重要なのは

虫歯にしない事と、正常な成長発育のために

よく咀嚼する習慣をつける、鼻呼吸をできるようになることだと思います。

 

 

 

1234参考までに平均値を

出しておきます。

女の子の方が

やや早いようです。

 

あくまで平均値です。

 

ちなみに、7歳で一本も

生え変わりのない子という

のは、我が娘です。

歯磨きが楽なので

当分このままで良いかなー

と思っていましたが

ようやく最近になって

乳歯が動揺してきました。

 

本人は大人の歯が生えてくるのを楽しみにしているようです。

一生を共にする大事な歯。

きれいな虫歯ゼロの永久歯列

になれるよう、今から

歯の大切さを教えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

DSCN1646

 

 

写真は昨日御茶ノ水で行われた、てんとう虫スタディグループと

包括歯科研究会の合同勉強会の様子。

 

患者さまの歯の治療、健康の獲得のためには熱くなりますが

自分の歯の健康には実は無頓着な人が多い。

そんな歯科医師ですが、

私も今年は

スタッフにクリーニングをしてもらったり、

先輩に治療してもらったりと

自分の歯の健康にも気を遣っております。

 歳のせいかもしれませんが・・・。

 

2016 今年の抱負                           茅ヶ崎 歯科

茅ヶ崎東海岸の歯医者

タニモト歯科クリニック院長の谷本です。

 

連休明けの本日は

今年1回目の院内ミーティングを行いました。

 

DSCN1643

 

・清潔感のある院内を目指す

・セミナーに積極的に参加してスキルアップしたい

・内面を磨いていきたい

・歯周病治療のレベルアップ

・後輩の教育に力をいれる

・周囲にアンテナを張って成長していきたい

 

等々、みな抱負を語りあいました。

 

タニモト歯科クリニックというチームとしての成長

歯科医師、歯科衛生士、歯科助手としての成長

社会人、一個人としての成長

 

年末に良い一年だったと感じられるよう

皆で一緒に1日1日を大切に過ごしていこう!

そんな気持ちを確認しあえる良い機会になりました。

 

 

私の抱負はというと

 

1 30代で得た知識、技術を最大限院内に還元していく

2 ハード面、ソフト面含め皆が働きやすい環境作り

3 忙しすぎた昨年を取り返すべく、休日は家族とのんびり、いやアグレッシブに過ごす

4 付き過ぎた余分なお肉を、減らすため運動する

 

と欲張り過ぎではありますが、必ずすべて達成したいと意気込んでいます。

 

 

DSCN1642

写真は昨日 伊豆の峠から見た夕暮れ時の駿河湾。

 あいにく富士山は雲に隠れていましたが、その雄大な景色に感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もよろしくお願いします

茅ヶ崎東海岸の歯医者

タニモト歯科クリニック院長の谷本です。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

 

1年の疲れを癒し、

新たな1年を元気いっぱい過ごせるよう

当院は冬休みを少し長くとらせていただいており

患者様にはご迷惑をおかけいたしました。

 

 

妻の実家の小樽にて

子供達に運河を見せたり、スキーに連れて行ったりと

のんびりとした時間を楽しめました。

 

 

DSCN1440DSCN1542

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また久々に 母校を訪問。

恵まれた環境の中で学生生活を送らせてもらっていたことに

感謝の気持ちでいっぱいです。

DSCN1498

クラーク博士の前で “青年よ大志を抱け”

DSCN1493

 

中年にはなりましたが

今年も大志を抱いて

北大魂でがんばります。

 

1年間よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

年末 思うこと                茅ヶ崎 歯科

茅ケ崎東海岸の歯医者

タニモト歯科クリニック院長の谷本です。

 

年末が近づいてきて、今年中にやるべきことが目白押しなのに

どうもはかどらない今日この頃。

 

恐らく、年々この年末に対する特別感がなくなり

気が付いたらもうこんな時期ということにも

いい加減慣れてきたことが原因かもしれない。

 

子供のころはもっと特別だったのに。

いや、学生時代ぐらいまでは・・・。

 

結局春でも夏でも秋でも冬でも

そう変わらない生活をしているから

こんなことになるのだと、反省している。

 

 

そうは言っても振り返るとこの一年いろいろあった。

 

年始から春にかけては、明海大学のインプラントセミナーに参加。

5月から10月までは、毎月根管治療のコースに参加。

6月には顎咬合学会の若手登竜門の関東代表で発表。

8.9.10月にはジアーズのぺリオインプラントコース。

10月、11月と、理事として日顎関東支部大会、JCPGに参加。

12月にもジアーズ総会に参加。

 

クリニックの方では

3月にホームページをリニューアル。

マイクロスコープを導入したり、法人成りしたり。

素晴らしいスタッフに支えられ、医院の総合力も

確実にレベルアップしていると思う。

 

プライベートでは、7月に新居も完成した。

 

どうも30代最後の年ということもあり

色々な事を焦って、走り抜けた感がある。

 

 

来年は40代最初の年。

もう少し、季節の移ろいを感じ

行事に参加したり、子供たちと一緒に過ごして

春夏秋冬を実感しよう。

そして、30代で学んだ事を実践にうつせる

そんな年にしよう。

 

診療日も残すところ5日。

忙しくなりそうだが、目の前の患者さん一人一人に集中して

今年も無事終われるよう気を引き締めていこうと思う。

 

DSCN1318

 

我が家自慢の 松と富士。

 

空気の澄んだこの時期

茅ヶ崎から見える富士山は最高です!

 

 

 

VW 今昔               茅ヶ崎 歯科

茅ケ崎東海岸の歯医者

タニモト歯科クリニック院長の谷本です。

 

久々に海でのんびり、と考えていた日曜日。

が、朝から冷たい雨模様。

予定変更で、お台場で行われていた

VW Jamboreeに行ってきました。

 

12stjam

 

 

 

10年ほど前、ワーゲンバスを購入した頃は

様々なイベントに参加していましたが

今回はかれこれ7~8年ぶり。

 

何故行かなくなったのだろう?

興味がなくなったのか、飽きたのか

忙しいからか、他に熱中していることが

あるからなのか?

 

色々考えてみて一番腑に落ちる感覚は

「普通になったから」。

買った当初は、うれしくて、特別で

色々と手を加えたり、写真をたくさん撮ったり・・・。

 

今はというと、特別感は全くなく

相棒になった。

ライフスタイルの一部に定着していて

今後も長い付き合いになりそうだ。

 

1

2

 

3

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VWは排ガス規制問題で、信頼を完全に失ってしまった。

車に限ったことではないが、もの作りの原点はやっぱり

作っている当人が楽しめる事だと思う。

 

自分が作った車を笑顔で運転している人々の姿を思い浮かべる。

自分が作った家に、家族が笑顔で生活している姿を思い浮かべる。

自分が作った入れ歯で、なんでもおいしく食べている患者さんを思い浮かべる・・・笑

 

もの作りの価値観の変化、評価の多様性は時として、

本当の目的を見失わせるのであろう。

難しい時代だと思う。

 

VWにはもう一度原点に戻って、車づくりを楽しんでもらいたいと切に思う。

そして相棒と呼べるほど愛される車が一台でも多く世の中に残ってほしい。

4

 

 

 

...10...1819202122...